40種類以上

40種類以上の成分も入っているローヤルゼリー

ローヤルゼリーは、健康食品として栄養のバランスの優れたものです。
他の健康食品と比べても、その種類はとても豊富です。
最低でも40種類以上の栄養成分が入っていると言われています。

ローヤルゼリーは、歴史も古く過去から多くの人に愛されてきましたが、今でもまだ解明されていない成分もあり、今後の研究が期待されています。
http://xn--u9jtilezadk9he8488ea0399cuw9c.com/38.htmlにも書いてあるように、ローヤルゼリーにこれほど多くの栄養成分が含まれている理由には、女王蜂の特別な食事だからです。
同じようにみえるハチミツも蜂の食事ですが、こちらは働き蜂や幼虫のためのものです。

女王蜂の大きさや生殖能力を見てもその違いははっきりしています。
大変な健康パワーを秘めた物質になっています。
ローヤルゼリーは、それほど甘いものではありません。

糖分は2割以下しか含まれていません。
ハチミツはとても甘いものですが、ローヤルゼリーは甘いものではなく、酸味があって酸っぱい匂いがします。
あるいは刺激臭といってもいいかもしれません。

残りの成分は豊富な栄養成分です。
その代表的な成分は、アミノ酸、デセン酸、ビタミン、ミネラルなどになっています。
これも女王蜂を丈夫に育てるためのもので、毎日食べるものですから、とても栄養価の高いものとなっています。

ローヤルゼリーのアミノ酸はタンパク質の材料になるものです。
筋肉だけではなく、髪の毛や人間の体の元になっています。
ローヤルゼリーには、人間にとって必要だけれど、体内では作り出せない必須アミノ酸も入っています。

これは特に人間にとって重要な成分です。
デセン酸のように、ローヤルゼリーにしか含まれていない成分もあります。
アミノ酸の他にはビタミンも豊富です。
ビタミンは、美肌を保ち、目や血液を作り出します。

ミネラルも疲労感を和らげるのに大切な栄養素です。
最後はアピシンです。
健康だけではなく美容にもいいとされる理由もこのアピシンのおかげです。
アピシンにより細胞の新陳代謝を促し、寿命が延びたり数を増やす効果があります。
また、混同されがちなローヤルゼリーとプロポリスの違いについての記事も是非ご覧ください。

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体の健康には欠かす事が出来な栄養素 All Rights Reserved.