40種類以上

ローヤルゼリーと女王蜂の関係

女王蜂はいったいどうして誕生するのでしょうか?勝手に誕生するものでしょうか?そして、女王蜂が食べるためだけに用意されたローヤルゼリーも、こうした食べ物が存在すること自体不思議なことです。
ところが、女王蜂とローヤルゼリーとは密接な関係があることがわかっています。
ミツバチの中にも働き蜂と女王蜂とがいます。

同じ雌であっても、体の大きさが違っていたり、働きも全く違います。
また、女王蜂は一つの巣に一匹しか存在しません。
こうした違いはどこから生まれてくるのでしょうか?その答えはローヤルゼリーにあります。

女王蜂となる幼虫に毎日与え続けると女王蜂になることがわかっています。
だからこそ、とても大切な物質だということです。
もっと深く知るためには、遺伝子レベルまで遡る必要があります。

DNAの中でもDNAメチル化という現象が、遺伝子の働きに違いをもたらします。
同じミツバチの幼虫でもDNAメチル化を実現させると卵巣が大きくなり、女王蜂のような成長を遂げます。
こうした現象は、ミツバチだけではなく、哺乳類でも同じようなことが起こります。

ミツバチの場合は、ローヤルゼリーがその働きを促しているということなのです。
毎日たくさん栄養価の高い食べ物を食べ続けることで、巨大化した女王蜂は、毎日2000個以上の卵を産み続けます。
そして、寿命も通常のミツバチも何倍にもなっています。
そんなローヤルゼリーの効果についての記事も是非合わせてご覧ください。

忘れてはならないのは、卵を産むためには、たくさんの雄と交尾をすることです。
これも大変なことではありますが、ローヤルゼリーが原動力になっています。
雄は働き蜂が持ってきたハチミツを食べることで成長していきます。

雄のほうが圧倒的に数は多いのですが、寿命も短いのが特徴です。
雄の蜂はハチミツで、女王蜂はローヤルゼリーとなっているところも面白い点です。
女王蜂だけがローヤルゼリーを食べることができる理由もなんとなくわかるのではないでしょうか?蜂の子孫繁栄には雄も雌も必要ですが、女王蜂だけが特別な存在になっています。
またそんなローヤルゼリーですが副作用はあるのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.puqo.org/02hu.html

SITE MENU

Copyright(C) 2013 体の健康には欠かす事が出来な栄養素 All Rights Reserved.