40種類以上

ローヤルゼリーってどんな製造方法なの?

ローヤルゼリーは、ミツバチが体内で作りだしているものですが、一体どんな方法で採取し商品として製造されているのでしょうか?もしかしたら、採取してきたものをそのままパッケージに詰めて販売しているのではないかと思っているのなら、まだ勉強不足です。
ローヤルゼリーがあなたの手元に届くにはいろいろな過程をへています。
健康にいいもので、口にするものですから、新鮮さが命です。

製造だけではなく、できた商品の管理方法や品質管理なども大変重要なことです。
そこでローヤルゼリーの製造方法について少し紹介しておきましょう。
ローヤルゼリーは人工のものではありません。

働き蜂がいろんな場所を飛び回って集めてきた花蜜や花粉から作られています。
ハチミツも同じような材料から作られていますが、若い働き蜂が体内に取り込んで分解した後、また合成し、最後に上顎と下顎の咽頭腺と大顎線から分泌される物質を混ぜてできたものです。
全て天然の成分でできているところもすごいのですが、若いミツバチしか作ることができない貴重なものです。

小さな働き蜂が作るものですから、採れる量も限られているものです。
自然のすごさは、一旦消化した物質を再び分泌して新しい物質を作ることができるということです。
通常、女王蜂は巣に一匹しかおらず、若い働き蜂しか作ることができない物質ですので、かなり少ない量のローヤルゼリーを集めて販売されているということです。

実際には人工の女王蜂の幼虫が入った王台を使って、たくさんのローヤルゼリーを採取していきます。
数も多いということと、新鮮なものを採取するには、人工の王台を使うほうが効率がいいようです。
あくまでも自然のものを利用しながら、人の手を少し加えてローヤルゼリーを作り出しています。
ミツバチには悪いかもしれませんが、天然のローヤルゼリーを採取するためにいろいろな工夫がなされています。
こうして天然の新鮮な商品が手元に届くというわけです。


SITE MENU

Copyright(C) 2013 体の健康には欠かす事が出来な栄養素 All Rights Reserved.